Menu

国が認めた借金減額方法

男女

借金の減額の為に

多額の債務を抱えてしまった人の救済処置の1つが個人再生です。個人再生は「任意整理」の手続きを行ってもなお、返済する事できない状態でありながらも、自己破産を避けたい場合に適用される手続きの1つです。自己破産を行うと、マイホームなど資産になるものを手放さなくてはいけません。しかし、個人再生の場合ではマイホームは手放さずに債務整理を行う事ができる制度です。個人再生の一番のメリットはやはり、このマイホームを手放さなくても良い事です。個人再生での借金の最大減額額は80%と言われています。しかし個人再生にもいくつかのデメリットがあります。ます、借金の返済計画が3年に見直されるのでその期間内に全額返済そなければいけません。もしも、返済途中で支払いが出来なくなってしまった場合には個人再生の手続きが無効になる場合もあります。さらに、債務整理を行うと数年の間クレジットカードの発行や使用そして新たに、ローンを組む事が出来なくなります。個人再生にかかる費用は依頼する弁護士事務所によって変わります。弁護士に依頼せず、全ての手続きを個人で行えば費用を抑える事もできます。しかし裁判所への申告書の発行や必要な書類の作成など、専門的な知識を多少なければ作成が困難です。その為、多少費用がかかってしまっても弁護士に依頼する事で精神的に楽になります。さらに、弁護士に依頼すると過払い金の調査を行ってもらえるので場合によっては費用をさらに抑える事も可能です。