Menu

手続きの流れ

ジャッジガベル

二種類の特徴

個人再生には二種類あり、「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」になります。この二種類には大きな違いがあり、返済を行っていく金額の基準と債務者の同意についての有無です。個人再生の手続きは「少希望再生」を選択する方一般的で現在働いている方で、要件を満たしていると利用ができます。「給与所得者再生」は一般的にサラリーマンなど将来的に安定した収入の見込みがある方が対象になります。個人再生ができる条件にはいくつかあり、将来的に断続した収入があり、再生計画に沿った返済が現在可能である事です。さらに債務費の総額が5000万円以下である事、債務者から半数以上の反対がない場合そして、過去7年以内に破産手続きを受けていない事などが条件になります。個人再生にかかる費用は申請の方法などによって変わります。基本的には裁判所への手続きにかかる費用と弁護士もしくは司法書士に依頼する際の費用などです。裁判所への手続きを行う際の費用はおよそ30万前後の費用がかかります。この金額は弁護士などに依頼せず、全ての手続きと書類の作成などを自分で行った場合の金額です。もし弁護士などに依頼した場合にはおよそ30万〜50万円の費用がかかります。弁護士などに依頼する場合は減額できる金額ろ支払う金額に応じて依頼すると費用を抑える事もできます。しかし個人での手続きと書類作成は知識が無い場合にはとても困難な場合があります。その上個人再生がt適用されるまで数ヶ月の期間がかかる為、出来る限り弁護士などの専門家に依頼しましょう。