Menu

裁判所に払うお金がある

弁護士バッジ

分割できる弁護士に依頼

債務整理の手続きの中で任意整理は、弁護士または司法書士費用だけでなのですが、個人再生で債務整理をするとなると弁護士or司法書士費用に裁判所に支払うお金が発生します。裁判所に支払うお金としては、収入印紙代、郵便切手代、予納金があります。予納金は15万円程度が相場なのですが、裁判所によってはもっとかかるところもあります。この費用の内訳は、官報公告費用と個人再生委員へ支払う報酬です。予納金は裁判所によって費用は異なります。一番大きいのは、個人再生委員が選任されるかどうかです。弁護士を代理人として個人再生の手続きを進めていく場合、裁判所によっては再生委員が選任されところもあります。選任されない裁判所であると、費用負担は減ります。ただ、別の裁判所では代理人として弁護士に依頼しているにも関わらず、再生委員が選任されるところもあり、この場合は報酬の支払いが発生します。裁判所によって規定が異なりますので、事前に確認しておくことが必要です。また、専門家に依頼する場合は司法書士と弁護士どちらかに依頼しますが、費用が安いのは司法書士です。しかし、書類の作成しか手伝うことができず、裁判所への出廷や債権者との打ち合わせは申し立人が一人で行う必要があります。弁護士に依頼をすれば、司法書士よりも費用は高くなりますが、面談にも代理人として居合わせたり交渉も対応してもらうことができます。債務整理の中でも個人再生は高額な弁護士費用となるので、分割払いに対応している事務所を選ぶことです。