Menu

必要な情報を集める

説明

ネットで調べてみよう

個人再生を検討している人は、まず、どのくらいの費用がかかるのか調べておいた方がいいかもしれません。インターネットを使えば、ある程度のことは簡単に調べることができます。基本中の基本とも言えることは裁判所に支払う金額です。これは実費となっているので覚えておきましょう。裁判所に支払う基本的な費用は4つあります。申立ての手数料として収入印紙代、官報公告費用として予納金、連絡のための郵便切手代として予納郵券、そして、予納金となる個人再生委員に対する報酬です。トータル費用としては17万円から28万円程度かかることになります。実はこれが支払えないという人もいるのです。しかし、これは最低限の個人再生のための費用となるので、きちんと支払わなくてはなりません。それから、通常、個人再生には弁護士や司法書士に依頼することになります。それぞれ費用は異なるので、この点も調べておきましょう。弁護士への依頼は30万円から50万円程度、司法書士への依頼は20万円から30万円程度かかると思っておきましょう。このように、多少なりとも費用がかかることから個人再生を諦めてしまう人もいます。しかし、これらの費用は、借金返済と同時に行わなくてもいいことになっているのです。そもそも借金を抱えている人が、一度にこれだけの費用を支払えるわけがありません。そんなところも弁護士は相談に乗ってくれます。無理のない返済計画を立ててくれるはずです。