Menu

ジャッジガベル

手続きの流れ

個人再生はマイホームを維持したまま借金をへ減らす事ができます。しあkし個人再生が適用されるにはいくつかの条件もあります。基本的には将来的に借金を返済していくだけの収入がなければいけません。個人再生の費用にはおよそ30万〜50万円の費用がかかります。

裁判所

事務所によっての特徴

個人再生を弁護士事務所に依頼する際には必ず信頼と実績を多く積んだ弁護士に依頼しましょう。その際に費用ばかり重視してしまう事は避けましょう。多少費用が高くなっても信頼でき、自分が納得できる弁護士に依頼する事が重要です。

弁護士バッジ

裁判所に払うお金がある

個人再生は、弁護士費用以外にも裁判所費用がかかります。その内訳は、収入印紙代、郵便切手代、予納金です。予納金の中には、個人再生委員に支払う報酬があります。裁判所によって弁護士を代理人としている場合はこの費用が発生しないところもあります。

男女

国が認めた借金減額方法

個人再生現在ある借金の減額をし、変死期間の見直しを行う債務整理の1つです。費用は弁護士事務所などによって変化します。個人再生の一番のメリットは自己破産と違い、マイホームを残せる事です。しかし、債務整理を行うと数年の間、クレジットカードの発行や使用そしてローンを組む事が出来なくなるので注意が必要です。

説明

必要な情報を集める

個人再生には裁判所に支払う費用や弁護士、司法書士に支払う費用などがあります。トータル的に50万円以上はかかってしまうことがあるのです。しかし、無理なく返済できるように弁護士が相談に乗ってくれます。諦めることなく個人再生をしましょう。

マイホームはそのまま維持

弁護士

負担のかからない分割払い

住宅ローン以外に借金があり、返済に苦しんでいる方は少なくありません。そのまま何も対策しなければ、全ての返済が滞る恐れがあります。マイホームが競売物件となる前に、弁護士に相談しましょう。マイホームは残したままで、債務整理を行えます。債務整理の1つに、個人再生があります。裁判所を通して債務を減額する個人再生は、債務額が5分の1程度になります。自己破産とは異なり全ての債務が免除されるわけではありませんが、大幅に返済負担を軽減できます。また、住宅ローン条項を利用することで、マイホームを手放す必要はありません。現在の暮らしはそのまま維持できるため、ご自身にも家族にも負担がかからないのが個人再生の特徴です。ただし、個人再生を裁判所に申し立てるには、専門的な知識と煩雑な手続きが必要です。ご自身だけではスムーズな申し立ては困難なため、弁護士のサポートを受けましょう。相談は無料でできる上に、弁護士費用は分割払いが可能です。費用の支払開始日は、収入などの状況に応じて柔軟に対応してくれます。費用の心配は一切する必要はなく、弁護士の力を頼れます。弁護士費用の相場は40万円前後ですが、依頼するとそれ以上の債務額を減額可能です。まずは相談に訪れ、個人再生の内容とともに費用を質問しましょう。どの弁護士事務所に相談するべきか全く分からない時は、法テラスや各エリアの弁護士会への相談をおすすめします。相談内容に最適な弁護士事務所を紹介してくれるため、迷うことなく信頼できる専門家と出会えます。